サッカーの歴史を振り返ろう

0
174
サッカーの歴史を振り返ろう

サッカーは日本において野球に続く人気のスポーツであり、先日のワールドカップは特に注目を集めました。では、サッカーの歴史つにいてはご存知ですか?最近ではサッカー 賭けも人気ですよね。

今回は、サッカーというスポーツがどのように生まれたのか、その起源や歴史についてご紹介します。

サッカーの起源としては、実は「中国起源説」「イタリア起源説」「中世イングランド起源説」「キリスト教祭礼説」の4つの有力な説があります。以下ではそれぞれについて具体的にみていきましょう。

中国起源説

まず、サッカーというスポーツは、中国の伝統的な遊びである蹴鞠(けまり)に由来するのではないかという説があります。

蹴鞠は、今から300年以上前の紀元前、中国の一国である斉で軍事訓練として行われていたという歴史があり、漢の時代には12人、1,000人の選手がいたそうです。

漢の時代には、12人のチームで「球門」にボールを何回入れられるかを競う、現代のサッカーに似た競技が確立していたとも言われています。

FIFAの公式サイトでも、中国蹴鞠をサッカーの起源とし、サッカー史研究家も4つの説の中で最も有力と証言しています。

イタリア起源説

サッカーの起源について、次に有力視されているのが、イタリア発祥説です。

8世紀以前、イタリアには「カルチョ」と呼ばれる、裁判所の門前でボールを蹴り合って勝敗を決めるゲームが存在していました。

「カルチョ」という名前は、イタリア語で「蹴る」という意味の「カルチャレ」に由来しています。

一定のスペースに何人の選手を入れるかなど、当時のゲームとしては非常に細かいルールがあり、現在のサッカーに近い形が8世紀頃からイタリアに存在していたと言われています。

中世イングランド説

8世紀頃のイングランドでは、戦争に勝った後、相手の将軍の首を切り落とす習慣があったそうです。

中世イングランド説によると、勝った兵士が切り落とされた首を蹴り、そこから蹴ることに代わってボールで遊ぶようになり、サッカーになったということです。

イングランドでは古くから庶民がボールで遊んでいた記録が残っていて、ルールや形は地域や学校によってさまざまでした。例えば、ドリブルの速さを競う競技や、手で扱うボールで行う競技がありました。

また、地域や学校ごとにさまざまなルールで球技が行われる中、実は「ラグビー」が誕生していたのです。

キリスト教祭礼説

最後になりますが、サッカーの起源はキリスト教のお祭りという説があります。

イギリスのダービーシャー州中部にあるアシュボーンという町では、毎年2日間にわたって「シュロベティッド・フットボール」というお祭りが開催されています。

毎年、約7,000人が出身地別に2チームに分かれ、町全体をフィールドとしてお祭りが行われるのです。

2つのゴール間の距離は約5km。「殺生をしない」「教会や墓地に入らない」以外のルールはなく、足だけでなく手も使って互いのゴールまでボールを運びます。

書籍によると、1667年頃にはすでにこの祭りは存在していたようで、歴史のある祭りであることがわかります。