旧ジャニーズ事務所から退所&独立が続出!これまで独立したタレントまとめ

0
148
旧ジャニーズ事務所から退所&独立が続出!これまで独立したタレントまとめ

2023年芸能界に激震が走ったニュースと言えば、故ジャニー喜多川による性加害問題が真っ先に思い浮かぶ人が多いと思います。旧ジャニーズ事務所もその問題を認め、現在被害者対応を進めてはいるものの、所属タレントへの対応は依然として厳しいものがあり、ジャニーズ 退社を決めるタレントも出ており今後さらに増えるのではと予想されています。問題が明らかになる前からジャニーズ 退社したタレントもおり、今年は退所&独立が続出しました。そこで、2023年にジャニーズ 退社したタレントは誰がいるのか調査していきます。

2023ジャニーズ 退社したタレントは?

ここからは実際にジャニーズ 退社を発表したタレントさんを退所後の情報なども含めて紹介していきます。

三宅健

2023年2月21日にジャニーズ 退社を発表したのは元V6(2021年11月1日解散)の三宅健さん。2023年5月2日に退所しています。

退所発表時のコメントで退所の決意を話していました。

「ジャニーズであること、アイドルであることをずっと誇りに思ってやってきました。年齢を重ねこれまでの経験を胸に、新しい自分と出会いたいと思うようになり、一から様々なことに挑戦していく次のステージへ向かうため、このような決断に至りました」

modelpressより引用

ファンの皆さんとは必ず会える日が来ると話していたとおり、2023年7月2日に「TOBE」へ移籍し2023年9月には第一弾シングル「Ready To Dance」を配信しています。

平野紫燿・神宮寺勇太・岸優太

2022年11月4日に2023年5月22日でキンプリからの脱退を発表したのは平野紫燿さん、神宮寺勇太さん、岸優太さんの3人。

退所発表時の3人のファンクラブ向けのコメントを見てみましょう。

岸優太さんコメント

「海外で活躍できるグループになるためには今のままでは到底無理だと感じるようになってきました。話し合いを重ねて、メンバーとの目標の違いが生まれ、落ち込んだりする、そんな日々が続き、今回この決断になりました。」

平野紫燿さんコメント

「デビュー当時からジャニーさんとの夢や約束、そしてファンの皆さんとしていた約束、海外で活躍できるグループを目指してきましたが、自分の年齢と向き合ったときに、全力で取り組んだとしてももう遅いなと感じてしまい、目標を失い、今回の決断に至りました。」

神宮寺勇太さんコメント

「海外進出することが僕自身とジャニーさんと、そしてファンの皆様の大切な夢のひとつでした。その夢を追い続けるために活動してきましたが、活動方針の考えが変わっていきました。自分勝手な考えではありますが、メンバーがこの先一人でも退所するなら、自分も退所させて頂くと決めていました。」

平野紫陽さんと神宮寺勇太さんはキンプリの脱退と同時の退所、岸優太さんは映画の公開の関係で2人とは遅れて2023年9月30日の退所となりました。

平野紫燿さんと神宮寺勇太さんは2023年7月7日に「TOBE」への合流を発表、2023年10月15日に「TOBE」へ合流した岸優太さんと3人で「Number_i」というグループを結成すると発表しています。

IMPACtors

2023年5月25日にジャニーズ 退社したのは2020年に結成されたIMPACtors。メンバー7人全員での退所となり、その後20223年7月14日に「TOBE」への合流と「IMP.(アイエムピー)」として活動していくと発表されました。

2023年8月18日にはデビューシングル「CRUISIN’」、9月15日には2rdシングル「IMP.」、10月13日には3rdシングル「SWITCHing」を配信しています。

また11月8日にはデビューシングル、2rdシングル両面収録の「CYUISIN‘/IMP.」というCDシングルが制作され「TOBE」のオンラインストアで限定リリースされました。

北山宏光

2023年6月7日に8月31日でのジャニーズ 退社を発表したのは元Kis-My-FT2の北山宏光さん。

退所発表時のコメントでは最高のメンバーと巡り合いたくさんの夢を見させていただいたとコメントしていました。退所を決めた理由としてのコメントは以下となります。

「芸能生活21年、世の中の環境が目まぐるしく変わる時代の中、もっといろんなことに挑戦し第二の人生を歩んでみたいと思うようになりました。これまでファンの皆様から頂いたたくさんの愛情は決して忘れずに、ずっと胸の中にあり続けます。」

ORICON NEWSより

その後2023年9月17日に「TOBE」へ合流し、11月17日には初のデジタル楽曲である「乱心-RANSHIN-」を配信しソロとしてデビューしています。

岡田准一

2023年10月2日に11月30日をもってジャニーズ 退社することを発表したのは元V6の岡田准一さん。性加害問題が退所の起因だと言及していました。

「今回のことでファンの皆様、そしてお世話になっている関係者の皆様、これからお仕事をご一緒させていただく皆様に、ご迷惑やご心配をこれ以上おかけしたくない、そして、何よりモノづくりのクリエイティブだけに向き合うという自分の中心を崩したくない、という思いからの退所でございます。」

YAHOO!ニュースより

ジャニーズ 退社後は芸能事務所を設立し活動していくそうです。

二宮和也

2023年10月24日にジャニーズ 退社し個人で活動していくと発表したのは嵐の二宮和也さん。二宮和也さんの退所理由も性加害問題に起因しているとの事でした。そして嵐は活動休止中ではありますが、独立しても嵐がある以上嵐だと言及していました。

「自分の活動にも多くの影響が起き始め、正直な話、僕も怖くなったし、不安な気持ちにもすごくなり、これからどうしていこうかなと考え始めました。そんな状況の中で、自分の将来については自分自身で決めなくてはいけないし、でも、仕事は走っていっているしという中で、いったん落ち着いて物事を俯瞰で見て考えていたときに、『ちゃんとしよう』『ちゃんとしていこう』というふうに気持ちが生まれてきて、それからこのような決断になっていってます。」

YAHOOニュースより

二宮和也さんは2023年11月7日に会社を設立したと報告しています。

生田斗真

2023年11月7日、11月20日をもってジャニーズ 退社することを発表したのは生田斗真さん。

11月20日に公式サイト内のブログでメッセージをアップしていました。

「長い間お世話になった事務所を退所します。皆様今まで大変お世話になりました。ありがとうございます」「愛する仲間たちに出会えた事は僕の財産です。彼らに恥じぬよう、負けぬよう、精進します。27年間、本当にありがとうございました」「明日から生田斗真はフリーの俳優です どうする俺!?やれんのかー!?笑」

BIGLOBEニュースより

ジャニーズ 退社後はジャニーズの新会社との契約はせずにフリーランスとして活動していくそうです。

まとめ

2023年11月25日現在までで退所&独立を発表した人について紹介しました。誰でも名前を知っているような有名な方々が退所していますね。今後、新事務所が発足されてもエージェント契約という形なのでさらに退所するタレントも増えていくかもしれません。そして現に個人事務所を設立しているタレントもいるので、独立するのかはわからないにしても様々な形での活動になっていきそうですね。大変な問題に直面し模索している旧ジャニーズのタレントさん達の今後の動向に注目していきたいと思います。