Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
未分類

2018年のペルセウス座流星群は観察のチャンス!どの時間がベスト?

毎年夏に見られる
ペルセウス座流星群。

2018年は特に見頃とのことで、ペルセウス座流星群についてまとめてみました!




ペルテウス座流星群って?

毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。

数年に1度、といったものではなく、
毎年、ほぼ確実にたくさんの流星が出現することから
とても観察しやすい流星群と言われています。

 

2018年の観察に適した時期はいつ?

2018年のペルセウス座流星群の極大(注)は
日本時間の8月13日10時頃の予想です。

(注)流星群の活動における「極大」とは、観察場所や時刻、月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期をいう。

引用:国立天文台(NAOJ)

でも、この時間って日本は昼間なので観察できないですね^^;

安心してください!
極大から日が離れる程、出現する流星数は少なくなりますが、

極大に近い日(極大を迎える前後)は、
ちゃんと流星群を観察することができますよ^^

日本では
極大を迎える前の夜(12日から13日にかけての夜)
では最も見頃になる予想です。

特に13日の未明が見どころのようですよ。
空が明るくなり始める前が一番のチャンスになりそうですね。

また

  • 13日から14日にかけての夜
  • 11日から12日にかけての夜

この2日の夜も、極大からは離れているものの、
流星はある程度出現すると予想されています。

どのくらい星が見れるの?

1時間あたり、30~50個程度の流れ星が見れると予想されています。

国立天文台の担当者の方によると、

ペルセウス座を「見つけよう!」と集中して空を眺めるのではなく、
北の空全体をぼーっと眺める方が流れ星を見つけやすい

なんだそうです。

 

2018年は例年より観察しやすいってホント?

今年は8月11日が新月のため、13日頃まで月明かりの影響がなく、
非常に観察しやすいと言われています。

普段観察しない!という方も
今年は観察してみる良い機会になるかもしれませんね^^

どうやって観察すればいいの?

流星群を観察しよう!
と思った時に、望遠鏡や双眼鏡が浮かびますが、
流星群は肉眼で観察するのが良いです。

※望遠鏡や双眼鏡を使用すると視野が狭くなるため、
流星群の観察には向かないのです。

また天気の影響があったり、
予想外のタイミングで流星が活発になることもあります。

観察をする際には、時間に余裕を持って、
少し長い期間観察を続けることで、
流星を観察できるチャンスが広がります。




 

ペルセウス座流星群以外の流星群を知りたい!

  • 1月:しぶんぎ座流星群
  • 12月:ふたご座流星群

この2つと、今回のペルセウス座流星群(8月)を合わせて

「三大流星群」と呼ばれています。

ペルセウス以外は真冬の時期になるので、
お盆の時期かつ夏の流星群であるペルセウスが一番観察しやすそうですね。

私も(起きれたら)空を眺めてみようと思います^^