【注目】宗教2世を描いた芦田愛菜主演映画『星の子』について

0
153
【注目】宗教2世を描いた芦田愛菜主演映画『星の子』について

2020年に公開された芦田愛菜さん主演の映画『星の子』。芦田愛菜さんにとって、6年ぶりの主演映画です。

芦田愛菜 幼少期のイメージが強く残っている方も多いと思いますが、現在は芦田愛菜 高校3年生の受験生です。映画『星の子』では、大人になって女優としてさらに成長した芦田愛菜さんを見ることが出来ます。

今回は、2020年に公開された芦田愛菜さん主演の映画『星の子』について紹介していきたいと思います。

映画『星の子』の内容は?

  • 公開日: 2020年 10月9日(金)
  • 監督・脚本:大森立嗣
  • 原作:今村夏子
  • キャスト:芦田愛菜、岡田将生、大友康平、高良健吾、黒木華 ほか

あらすじ

大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親は病弱だった幼少期のちひろを治した“あやしい宗教”を深く信じていた。中学3年になったちひろは、一目惚れした新任のイケメン先生に夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。そして、彼女の心を大きく揺さぶる事件が起きるーーー。

テーマは“信じるとは何か?”

映画『星の子』は、“信じるとは何か”をテーマに、受け手側が考えさせられる映画となっています。

都内で行われた映画『星の子』の完成報告イベントが開催された際に、“信じるとは何か“について問われた芦田愛菜さんの回答も非常に大きな話題となりました。

「裏切られたとか期待していたとか言うけど、その人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ。見えなかった部分が見えたときに、それもその人なんだと受け止められることができる、揺るがない自分がいることが信じることと思いました」

さらに、

「揺るがない軸を持つことは難しい。だからこそ人は『信じる』と口に出して、成功したい自分や理想の人物像にすがりたいんじゃないかなと思いました」

と続けました。高校生とは思えない回答っぷりに会場はどよめき、さらにネットなどでも話題になりました。

映画『星の子』の主なスタッフやキャストは?

映画『星の子』の主なスタッフについて紹介します。

大森立嗣監督

大森立嗣監督は、様々な映画作品を生み出しています。代表作は『さよなら渓谷』『日々是好日』『セトウツミ』『MOTHER マザー』などです。大ヒット作品ばかりですね!

さらに、第56回ブルーリボン賞 監督賞や、第23回日本映画プロフェッショナル大賞 作品賞、第43回報知映画賞 監督賞など数々の賞を受賞しています。

ちなみに、弟は俳優としても有名な大森南朋さんです。

芦田愛菜(ちひろ役)

芦田愛菜さんは、本作が6年ぶりの映画主演で非常に大きな話題を呼びました。

原作を読んだ上で、「ちひろのイメージは自分のような髪の長さではない」と感じた芦田愛菜さんは、監督に髪をバッサリ切ることを提案したそうです。その長さなんと30センチ!芦田愛菜さんにとっても、とても気合の入った撮影だったことが分かりますね。

さらに、撮影時は役柄と同じ年齢の15歳。「制服も着てどんどんちひろになっていく感じがした」とも話しています。

岡田将生(南先生役)

ちひろに厳しい言葉を浴びせる、新任の数学教師・南先生を演じた岡田将生さんは、芦田愛菜さんとの共演を振り返り、「心がすごく痛くなった。しかし僕は南先生という役をまっとうして演じさせてもらいました。泣かせるつもりでお芝居をさせてもらいました。何度も辛い言葉をかけてしまい、心が痛かったです。すいませんでした」とコメント。

一方の芦田愛菜さんは、「親切に接していただいた。楽しくお話もさせてもらいました。」と話していました。

SNSの反応は?

この映画を観た方はどのような感想を持ったのでしょうか?SNSの反応を一部紹介していきます。

ベスト10に入るほど良い映画だったという方もいるほど、好評な映画です。宗教に傾倒し崩壊していく家族の描き方やリアルな描写が素晴らしいと話題になっています。さらに問題提起なども含まれており、受け手側が考えさせられる映画です。

主演の芦田愛菜さんが演じた中学3年生のちひろは、思春期を迎えた主人公の感情が大きく揺れ動く複雑な役柄でしたが、見事な演技力で演じ切っていました。圧倒的な存在感があることも、女優・芦田愛菜さんの魅力の一つですよね。

まとめ

以上、今回は2020年に公開された芦田愛菜さん主演の映画『星の子』について紹介しました。キャストも豪華で、それぞれの演技力の高さから、不思議な雰囲気と独特の世界観にのめり込める作品となっています。

なお、映画『星の子』は、現在AmazonプライムやU-NEXTなどの配信サービスで見ることが出来ます。是非この機会に視聴してみてはいかがでしょうか。最後までご覧いただきありがとうございました。