【電撃解散】BAD HOPの解散理由は?メンバーが27歳で死亡って本当?

0
127
【電撃解散】BAD HOPの解散理由は?メンバーが27歳で死亡って本当?

2023年5月27日に全国ツアーの公演中に突如として発表された人気アーティストBAD HOPの解散。この突然の解散発表には衝撃を受けた方も多いことでしょう。解散までのスケジュールとしては6月21日から始まったライブツアーのツアーファイナルをもって解散する予定です。また、解散前ラストのライブが行われるのはファンから募集したところ東京ドームに決定しています。

今回はそんなBADHOP 解散理由やメンバーについて迫っていきたいと思います。

BAD HOPについて

まずはBAD HOPというグループについて簡単にみていきます。BAD HOPは神奈川県川崎市を拠点として活動している8人組ヒップホップグループであり2014年から活動をスタートしています。グループのYouTubeチャンネルも存在しており、現在チャンネル登録者数は30万人を超えています。

これまでの経歴について

2014年に結成されたBAD HOPは神奈川県川崎市出身の幼馴染のメンバーを中心とし、8人のラッパーで結成されています。それぞれのメンバーがヒップホップに精通しており、中でもメンバーのT-PablowとYZERRはそれぞれ高校生ラップ選手権での優勝経験を持っており、T-Pablowは「フリースタイルダンジョン」という番組おいて初代モンスターという冠でレギュラー出演をしていました。

グループの特徴としてレコード会社や音楽事務所には属しておらず楽曲制作やライブ演出、グッズ制作、DVD販売などをセルフプロデュースで担っているという。

2019年にはアメリカ合衆国ロサンゼルスの音楽スタジオでEP「Lift Off」を作り上げ、この作品はメトロ・ブーミンやマイク・ウィル・メイド・イットら有名プロデューサーたちが参加したことで話題を呼んでいました。

2020年にはグループで最大規模となる横浜アリーナでのワンマンライブを開催予定だったがコロナウィルスの感染拡大により無観客でのライブ実施となりました。

そして2023年5月にグループの解散が発表され、ツアーファイナルをもって解散予定です。また、ラストライブは2024年2月19日に東京ドームでの公演が予定されています。

メンバーについて

続いて、BAD HOPのメンバーについて迫っていきます。現在のメンバーは前述のT-Pablow、YZERRのほかにTiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、Bark、G-k.i.d、Vingoの8人が在籍しています。過去所属していたメンバーとしては、AKDOWとDJ KENTAがいます。

Vingo以外は全員が川崎市で育ったメンバーでありかなりやんちゃな生活を送っていたメンバーがほとんどだといいます。メンバーについて、バッドホップ メンバー 死亡したという噂が出ているようですが、確認したところそのような証拠は見つかっていないということです。

BADHOP 解散理由について

かなり順調に進んでいるかのようにみえたBAD HOPの突然の解散。BADHOP 解散理由は何なのか迫っていきます。実際に解散理由として明言されていないため推測になりますが、考えられるのは方向性の違いや海外挑戦への思いということがあります。

2014年に結成したBAD HOPはもうすぐで10周年を迎えるタイミングです。そのタイミングでメンバーそれぞれが今後どのように活動していきたいか異なる思いが出てきたのではないかと思われます。メンバーは全員20代後半でもあり、自分の家族がいるメンバーもいるためそのようなところで折り合いがつかず、グループを解散して個人として活動していこうとなったのではないでしょうか。

最後に

今回は2023年5月に突如として解散が発表されたBAD HOPについて、その解散理由やメンバー、これまでの経歴についてみていきました。数々の作品を残してきたBAD HOPのラストライブは2024年2月に東京ドームで行われる予定ですので、気になった方はぜひチェックしてみてください。