【KARAデビュー15周年】活動休止から復活までの軌跡まとめ

0
148
【KARAデビュー15周年】活動休止から復活までの軌跡まとめ

2010年代前半に日本で大人気を集めた「KARA」が、7年ぶりに活動を再開します!

KARAはデビューシングル『ミスター』をはじめ、数多くのヒット曲を生み、Boaや東方神起に続き、K-POPの流行を牽引しました。

今回は、KARAの活動休止から復活までを見ていきたいと思います。

KARAとは

KARAは、2007年に結成した4人組の韓国のアイドルグループです。『ミスター』『Junmping』『Lupin』などのヒット曲を連発しました。

日本では、メンバーの脱退と加入を経て、2010年8月にシングル『ミスター』でデビュー。K-POPのガールズグループとしては初めて、東京ドームで単独公演を行いました。2011年には同じ韓国出身のグループ「少女時代」とともに、第62回NHK紅白歌合戦に出場を果たします。

日本で活躍していた当時のメンバーは、ギュリ、スンヨン、ニコル、ハラ、ジヨンの5人編成でした。

KARAの人気のヒミツ

KARAは、韓国よりも日本の方が人気が高かった印象もあります。それは、積極的に日本のアイドルに近づけた活動も要因の一つでしょう。

メンバー全員が日本語が上手だったため、日本のクリエイターを使った楽曲のローカライズや、バラエティ番組などテレビ出演も人気につながりました。親しみや人柄を重視する日本のアイドルファンの心を掴んだと言えます。

KARAの活動休止から復活まで

ニコルとジヨンの脱退

日本での大ブレイクの裏では、メンバーと韓国の芸能事務所DSPメディアの間で契約をめぐるトラブルが起こり、裁判にまで発展する事態となりました。あまりにも待遇が劣悪だったというのが原因のようです。最終的に、2014年にメンバーのニコルとジヨンが脱退します。

4人体制から事実上の解散へ

その後、2014年7月からは残ったメンバーのギュリ、スンヨン、ハラの3人に新メンバーのヨンジを加えた4人体制で活動していましたが、2016年にギュリ、スンヨン、ハラの3人が事務所との契約が終了し、KARAは事実上の解散となりました。

7年ぶりの活動再開

KARA 事務所のRBWは、デビュー15周年記念アルバム『MOVE AGAIN』が発売されることを発表しました。日本では12月に日本語バージョンのアルバム『MOVE AGAINーKARS 15TH ANNIVERSARY ALBUM [Japan Edition]』を発売します。日本では、約6年ぶりの新譜リリースとなります。また、2023年2月23日の大阪を皮切りに、福岡と横浜でファンミーティングを開催する予定となっています。

アルバムタイトルの『MOVE AGAIN』には、「今まで待っていたファンたちにステージ上のKARAの魅力的な姿(=MOVE)をまた見せたい」という意味が込められているとのことです。長い間、変わらず応援の言葉を送ってくれてきたファンと共に歩むというメンバーたちの思いが込められていますね。

活動休止中のKARA メンバーはどうしていた?現在の近況

ギュリ(パク・ギュリ)

解散後、韓国の「モーションメディア」という女優所属事務所に移籍し、女優としてドラマや映画で活動しています。日本でも活動しており、2019年には『TOKYO24』のスピンオフ映画『Revive』に出演し、寺西優真さん、山本裕典さんと共に主演を務めました。

スンヨン(ハン・スンヨン)

韓国で歌手や女優としてソロ活動をしていました。日本でもソロでCDをリリースしていて、2019年発売のアルバム「青空へ」はすべて日本語の歌詞になっています。

ニコル(チョン・ニコル)

KARA脱退後、アメリカでダンスやボーカルのトレーニングを受けてから韓国の事務所と契約し、ソロシンガーとして活動していました。休業時期もありましたが、2019年には日本でコンサートも開いています。

ジヨン(カン・ジヨン)

2014年から「知英(ジヨン)」として、KARAのメンバーで最初に活動拠点を日本に移しました。歌手としてではなく女優として活動を始め、映画『暗殺教室』やドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』に出演しています。

ヨンジ(ホ・ヨンジ)

KARAが解散してからはソロ歌手や女優、タレントとして幅広く活動していました。2019年にはテレビ番組「コメディビッグリーグ」でレギュラーMCとして活躍しています。

ハラ(ク・ハラ)

ハラは、2019年から「HARA」として日本の芸能事務所と契約。活動の拠点を日本に移していましたが、2019年11月に自ら命をたち、亡くなられました。

最後に

今回のKARAの活動再開では、最終メンバーだったギュリ、スンヨン、ヨンジはもちろん、2014年に脱退したニコルとジヨンも合流します。メンバー5人がKARA名義で一緒にアルバムをリリースするのは初めてで、より一層スペシャル感が強くなっています。ファンにとっては待ちに待った活動再開。今後の活躍が楽しみですね!