【懐かしい】2000年代にブレイク『エンタの神様』人気芸人まとめ

0
104
【懐かしい】2000年代にブレイク『エンタの神様』人気芸人まとめ

2000年代、多くのお笑い芸人が登場し、特に『エンタの神様』に出演したことで一気に第ブレイクを果たした芸人も数多くいました。そしてその芸人は今もなお第一線で活躍している方も多くいます。

一方で、ガリガリガリクソン 株でも話題となったガリガリガリクソンは2024年1月に千原せいじさんのYouTubeチャンネルに出演した際「ロケに出るより株をやっていた方が儲かる」「吉本の給料は90円だった」ともはやお笑い芸人としての活動もしていない様子です。

このようにエンタの神様 芸人でも現在の活躍の方向が大きく異なっています。そこで今回は現在30代前半、『エンタの神様』をちょうど見ていた世代でもある筆者が、ブレイクを果たした芸人8組について現在の活躍も含めて紹介していきます!

エンタの神様 芸人8名

筆者が思うエンタの神様 芸人は

  1. 桜塚やっくん
  2. コウメ太夫
  3. 狩野英孝
  4. まちゃまちゃ
  5. 鳥居みゆき
  6. 長井秀和
  7. ヒロシ
  8. 波田陽区

の8名です。

順番に解説していきます。

桜塚やっくん

エンタの神様 芸人としてまず紹介するのが波乱の人生を生きた桜塚やっくんです。

お笑い芸人としての才能が開花するまでは俳優、歌手、声優など幅広い活動をしていたそうです。特に、実はジャニーズJr.として活動していた過去や、大手芸能事務所に所属していたこともあるなど、タレントとしての素質を伺わせる数々のエピソードがある人物でもありました。

バンド活動の遠征中に交通事故で他界

エンタの神様で見せたスケバンの芸でブレイクし、その人気もある程度落ち着いた頃はバンド活動に没頭します。

しかし、2013年10月5日にライブのため車で熊本県に異動していた際、交通事故に巻き込まれ、37歳の若さで亡くなられました。交通事故の二次被害を出さないために動いていたところを後続の車に轢かれるという非常に悲しい事件でした。ご冥福をお祈りいたします。

コウメ太夫

エンタの神様に出演時、「狂い咲きの艶道」とのキャッチコピーで知られたコウメ太夫さん。ブレイク期にマンション経営をしており、一時テレビ出演が激減した時期がありましたが、何不自由なく暮らしていたそうです。

最近ではSNSのコメントが(理解不能で)面白いとファンから評価されており、再プチブレイクを果たしました。

狩野英孝

エンタの神様に出演し、「ラーメン、つけ麺、僕イケメン!」のネタで一世を風靡した狩野英孝さん。その後、度重なる女性問題の末に未成年女性との淫行が報じられ、謹慎処分を受けます。その謹慎から復帰すると、現在では謹慎前よりも人気を博し、テレビで見ない日はないという状態となっています。

まちゃまちゃ

見る人がスカッとするキレ芸に定評があり、パンクロック調のファッションセンスも注目されていました。しかし『エンタの神様』で披露していた芸以外があまりヒットせず、次第にテレビ出演の機会は減少していきました。現在はあまりお笑い芸人としての活動はしておらず、スナックの経営で収入を稼いでいるそうです。

鳥居みゆき

エンタの神様史上、最も美しく変わり者のお笑い芸人だったのが鳥居みゆきさん。何をするのか分からない奇行とも取れる発言をし、最後に「ヒットエンドラーン」と歌い踊るネタで、熱狂的なファンの獲得に当時成功しました。

現在はお笑い芸人としての活動だけでなく、女優、小説家など多岐に渡り活躍しています。

長井秀和

独特な口調に加え、「間違いない!」との力強いセリフで人気を博した長井秀和さん。『エンタの神様』の代表的なブレイク芸人でしたが、フィリピンで17歳の少女への売春行為などで逮捕されると徐々にテレビから姿を消してしまいました。現在は西東京市の市議として活動しています。

ヒロシ

何となく哀愁漂うホスト風のキャラクターだったヒロシさんは、『エンタの神様』がきっかけでブレイクをはたしました。一時はテレビで見ることが少なくなり、趣味のキャンプをYouTubeチャンネルに投稿したところ人気が沸騰。逆輸入のようなかたちで再びテレビ出演が増加しています。

波田陽区

芸能人のネタを中心に扱う歌ネタ芸人として人気を博したのがギター侍こと波田陽区さんです。全盛期はCDデビューを果たしたこともありましたが、ネタが飽きられてしまったことで低迷期に入ります。

そんな波田陽区さんですが、現在は福岡を拠点に活動中。冠番組をはじめ複数のレギュラー番組を抱えており、ローカルタレントとして十分な成功を収めています。

最後に

今回はエンタの神様 芸人について紹介してきました。現在ではむつみ荘 春日の部屋を引き継ぐとブレイクするなど言われていますが、結局お笑い芸人はテレビ出演などで知られるのが先決。その意味では今回紹介したエンタの神様 芸人たちは見事に時代の流れに乗ったと言えます。

桜塚やっくんに関しては非常に残念でしたが、それ以外の方達にはそれぞれの場所で頑張ってもらいたいですね!