Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
女優・俳優

【キングダム】大沢たかおの王騎には納得行かない!ファンがキャスティングに不満な理由




2019年4月19日より
大人気コミック「キングダム」の実写版映画がいよいよ公開されます!

原作ファンとして騎になるのはやはり
再現性キャスティングですよね!

今回の映画【キングダム】のキャストに関しては
概ね好評の声が多い中、ダントツで「微妙…」の声が集まる人物がいます。

それが大沢たかおさん演じる「王騎」です。

大沢たかおさんのキャスティングにどうして微妙な反応が集まってしまうのかを
調べてみました!

王騎ってどんな役?


出典:Tips

キングダムを読んだ人が、どんどんファンになってしまうのが
天下の大将軍・王騎です。

お姉言葉の喋り方と分厚い唇が特徴で
とにかくインパクトの強いキャラクターなんですよね。

最初は「気持ち悪…」と思ってしまいそうなんですが、
物語を進めていく中で、圧倒的なオーラや威厳、
そして心に響く名言の数々から
「かっこいい!!」と痺れてしまいます。

漫画を読めば読むほど、
王騎の魅力にハマる人が続出するのも納得のキャラクターです。
(筆者もその1人)

つまり、この【キングダム】を語る上で
絶対に外すことのできない超重役が大沢たかおさん演じる王騎なのです。

大沢たかおの王騎に対する反応は?

出典:News Walker

それでは大沢たかおさんのキャスティングに対する世間の反応を見てみましょう!

もちろん「楽しみ」の声も見られましたが、
他のキャストに比べて「ハマってる!」「いいね!」
といった声よりも、「なんか微妙…」といった声が多いのが印象的です。

大沢たかおの何が微妙なのか?

大沢たかおさんのキャスティングに関して
原作ファンはどうして微妙な反応をしているのでしょうか?

いくつか原因を探ってみました。

ビジュアルに関して不満!

王騎役に扮した大沢たかおさんがこちらです。

出典:映画「キングダム」公式サイト

そして、こちらが原作の王騎です。
                                                                 出典:Tips

何か…

何か…

何かが違う…気がする!!

(いや、大きく違いますよね)

もちろん原作と実写の間には
多かれ少なかれのギャップは覚悟しているのですが…

大沢たかおさんの王騎には
はっきり言ってビジュアルだけでもギャップありすぎな気がします。

特に目が違いすぎるのかな??
王騎の強烈な目力は、クールな切れ長な目をした大沢たかおさんには
難しい気が個人的にしています…。

髭が気になる…

王騎役の大沢たかおさんを見ていて、どうしても気になる箇所があります。

それがです。

確かに原作と同じように精一杯再現してくださっているのは
すごく伝わってくるんですけど、

何とも言えない無理やり感というか、不自然さを感じてしまうのは
筆者だけでしょうか…

ここですよ!ここ!
出典:映画「キングダム」公式サイト

拡大してみますか?ほら!

出典:映画「キングダム」公式サイト

もう1ついきましょうか!ほい!

出典:映画「キングダム」公式サイト

すごくどうでもいい箇所かもしれませんが、筆者は一度気になってしまったのでずっと髭に注目してしまいます…

王騎を演じるために身体を作った??

パッと見の印象ではやはり「何か違う感」が否めない実写版の王騎ですが、

もちろん大沢たかおさんは役作りに真剣に取り組まれて
体重を増やし、身体を鍛えて臨んでいたそうです。

確かにこの腕の太さはすごいですよね…

こういった役作りに対する姿勢は、キャラの再現率云々ではなく素直に尊敬します。

役柄が合っていない

ビジュアルともう1つ、大沢たかおさんがあの王騎をどうやって演じるのか?
という点に注目が集まっています。

王騎というキャラクターと大沢たかおさんの演技がマッチしていないのでは?という声が出ていますね。

確かに王騎の特徴である「ココココ…」
という笑い声、大沢たかおさんはどう表現されるのか
そこだけでもすごく気になりますよね(笑)

過去の配役の印象も強いため、王騎のファンというより、大沢たかおさんのファンが「想像つかない」「イメージが違う」と感じてしまうようです。

ここは大沢たかおさんの演技力に期待するしかありませんね。

良い意味で私たちの想像の斜め上の演技を見せていただけることを期待しています!