石原さとみのドラマメイクをドラマ別に解説!

0
207

ドラマや映画などに出演する際のメイクは、全て自分で決めているという石原さとみさん。

役柄やシーンを考え、一番ピッタリ来るメイクを研究してから撮影に臨むんだそう。

何気ないポイントにも思えますが、作品や役柄のイメージを決める大切な部分でもあるんです!

今回は、石原さとみさんがこれまでに出演したドラマで行っていたメイクの中から、特に印象的だった5種類についてご紹介したいと思います。

メイク方法はもちろん、色味イメージ、おすすめのアイテムにも注目してみてくださいね。

チェックしているうちに、思わずドラマを見返したくなりそうです♪

石原さとみのドラマメイク1:恋はDeepに(恋ぷに)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

石原 さとみ-ishihara satomi-(@_ishihara_satomi_)がシェアした投稿

2021年4月から放送されているドラマ「恋はDeepに」。海が大好きな海洋学者・渚渚を演じ、その溢れんばかりの透明感で話題となりました。

海をバックに撮影することも多いというこちらの作品内では、さわやかな印象になるよう心がけているんだとか。

夏の日差しに負けないよう、UVケアは入念に行いつつも、カバー力の高すぎないファンデーションで透明感をキープ。

元々色白の石原さとみさんですが、太陽の下でも負けないくらいの白さが際立っていますよね!

石原さとみ【恋はDeepに】:アイメイク

アイメイクは海のイメージに合うよう、グレーやホワイトシルバーのアイシャドウを使っているそうです。

グレー系のアイシャドウは「キリッとしてしまいそう」と敬遠されがちですが、実はかなり使い勝手がよく、ワンランク上のオシャレができると人気を集めているんです!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

KATE|ケイト(@kate.tokyo.official_jp)がシェアした投稿

石原さとみさんご本人の使っているアイテムはわかりませんが、ドラッグストアなどでも気軽に手に入るKATE「クラッシュダイヤモンドアイズ BK-1」などもおすすめ。

ざっくりとしたラメがたっぷり入っており、クールな印象を与えつつ、華やかさもプラスしてくれます。

さらに、自然なタレ目が印象的な石原さとみさんは、目尻のアイラインもスッと流しているのが特徴。

今回のドラマではグレーのアイラインを使い、スッキリとした目元に仕上げています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

UZU BY FLOWFUSHI(@uzu_byflowfushi)がシェアした投稿

こちらも数々のアイテムが発売されていますが、中でも発色がキレイでカラーバリエーションが豊富なのがUZU BY FLOWFUSHI「EYE OPENING LINER」。

リキッドタイプで先端までしっかり発色してくれるため、繊細な部分もお望み通りに仕上がりますよ。

石原さとみ【恋はDeepに】:チーク・リップ

石原さとみさんのパーソナルカラーを考えると、やはりしっくりくるのが「ブルベ夏」。

今回のドラマにピッタリのパーソナルカラーで、リップやチークも淡いパステルカラーを使うとなじみます。

目元を涼しげに仕上げている分、青みピンクのチークでほんのりと頬に赤みをプラス。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

CANMAKE TOKYO(キャンメイク)(@canmaketokyo)がシェアした投稿

プチプラの王道CANMAKEの「パウダーチークス ロリポップピンク」のパールタイプをさらっとのせ、ツヤ感をアップすると石原さとみさん風に。

最後に、石原さとみさんを象徴するパーツ「リップ」は、可愛らしさを強調するようパッと明るいコーラルレッド。

思わず守ってあげたくなるような海音のイメージにピッタリのリップとなっています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

RMK official(@rmkofficial)がシェアした投稿

石原さとみさんのようなぷるぷるリップに仕上げるには、伸びがよく潤いのあるテクスチャのRMK「イレジスティブル グローリップス #01」がおすすめ。

いつになってもつけたばかりのようなツヤが持続するのもポイントです。

石原さとみのドラマメイク2:アンサング・シンデレラ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

石原 さとみ-ishihara satomi-(@_ishihara_satomi_)がシェアした投稿

2020年7月から放送されていたドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」。

お団子頭が特徴的な薬剤師・葵みどりを演じた石原さとみさんは、薬剤師らしくナチュラルなメイクに仕上げつつも、患者さん1人1人に寄り添うみどりの優しさをイメージしていたそうです。

前髪を作らず、おでこを出すヘアスタイルの多い石原さとみさんですが、今回はぱっつんに切りそろえられた前髪をしていました。

そのため、眉メイクはほどほどに留め、アイラインだけをしっかりと入れることで意思の強いイメージに。

アイシャドウやハイライトなども陰影をつけすぎず、あくまでも「お仕事モード」を意識していたという石原さとみさん。

最後にリップやチークをほんのりと入れることで、一生懸命で元気いっぱい、それでいて笑顔が素敵なみどりらしい印象に仕上げました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Primavista プリマヴィスタ公式(@primavista_official_jp)がシェアした投稿

今回のドラマのようなナチュラルメイクにピッタリなのが、石原さとみさんが出演していることでもおなじみのSOFINA「Primavista 皮脂くずれ防止 化粧下地」。

化粧崩れを防ぐことができるのはもちろん、テカリに見えないギリギリのラインでツヤを残し、フレッシュな印象に仕上がります。

また、毛穴の目立つ方には「毛穴・色ムラカバー 化粧下地」、乾燥肌の方には「カサつき・粉ふき防止 化粧下地」など、お悩みに合わせて選べるのもポイントですよ。

石原さとみのドラマメイク3:地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

石原さとみ好きによるアカウント(@ishihara_satomi.fan)がシェアした投稿

2016年10月から放送されていたドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」では、これまでご紹介したナチュラルメイクから一転、華やかでパッと明るいカラーリングが特徴的なメイクをしていた石原さとみさん。

ファッション誌編集者を希望しつつも、まさかの校閲部に配属されてしまった主人公・河野悦子は、オシャレ命とも言えるほどメイクやファッションに気を遣う女の子。

大人っぽく、白い肌に映えるようなワインレッドのカラーを使いこなしていましたね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

CANMAKE TOKYO(キャンメイク)(@canmaketokyo)がシェアした投稿

こちらはInstagramなどでも話題となっている、CANMAKEの「パーフェクトスタイリストアイズ」。

No.14のアンティークルビーは、これ1つでバッチリグラデーションが叶うだけでなく、2通りの楽しみ方があるという素敵なアイテムなんです。

また、少し明るめのブラウンをのせた眉メイクは、目尻より少し長めの黄金比。

眉山を意識しすぎず、平行眉のような形で小顔効果も抜群です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

KATE|ケイト(@kate.tokyo.official_jp)がシェアした投稿

眉山を中心に全体的にふんわりとぼかし、女性らしさを引き立たせている今回の眉メイク。

KATEの「デザイニングアイブロウ3D」なら、単色使いはもちろん、自分好みのカラーをMIXして使うこともできちゃいます。

石原さとみのドラマメイク4:ディア・シスター

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ドラマ好き(@emi__tv)がシェアした投稿

2014年10月から放送された「ディア・シスター」では、女優・松下奈緒さんと共に美人姉妹を演じた石原さとみさん。

この時は天真爛漫な妹・深沢美咲になりきり、どこかあどけなさの残るような愛されメイクに挑戦していました。

普段は目尻に沿って流れるようにアイラインを引いている石原さとみさんですが、この時は少しだけハネさせているのがポイント。

ピンクベースのアイシャドウで女子力も抜群です。

さらに、おねだり上手な妹らしさをアップさせるため、涙袋にうるツヤ感をプラス!

まるで涙をためているかのようなうるうるさに、思わずドキッとしてしまいそうです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@poo_h_bearがシェアした投稿

さまざまな涙袋シャドウの中でも、初心者でも使いやすいと評判のVisee「リシェクレヨンアイカラー」。

クレヨンタイプで塗りやすく、たっぷりのラメが目元に光を集めてくれますよ。

石原さとみさんのようなぷっくりとした涙袋を目指すなら、ブラウンのアイブロウやパウダーで影をつけることも忘れずに!

石原さとみのドラマメイク5:失恋ショコラティエ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

石原さとみファン(@ishihara_satomi719)がシェアした投稿

最後にご紹介するのは、2014年1月から放送されたドラマ「失恋ショコラティエ」でのドラマメイク!

究極のあざとカワイイ女子・高橋紗絵子を演じた石原さとみさんは、メイクも王道の女子ウケ全開メイクを披露してくれていました。

キュートな小悪魔系女子と言うと「ピンク系」のメイクをイメージしがちですが、今回はオレンジ系ではつらつとした印象に仕上げている石原さとみさん。

二重の幅にオレンジをのせたら、そのまま同じ色を下まぶたにものせ、丸みを帯びた可愛らしい目に見せています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ヴィセ(Visée)公式アカウント(@visee_kose)がシェアした投稿

しっとりとしたオレンジに、深みのあるブラウンが合わさったのがViseeの「グロッシーリッチ アイズ N」。

見ただけでもわかる高発色なカラーが計4色入っており、誰でも簡単にグラデーションを作ることができます。

また、今回はいつもより細めの眉に仕上げているのが1つのポイント。

髪の色に合わせて明るめのブラウンを使い、目周りを明るく見せています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

rei_fukuoka(@rei_fukuoka)がシェアした投稿

プチプラなのに発色が良すぎる!と、発売から絶えず人気を集めているMAYBELLINEの「ファッションブロウ カラードラマ マスカラ」は、眉マスカラ選びに困っている人にぜひ試していただきたいアイテムです!

小さめで緩やかなカーブのついたブラシは、細かいところも塗りやすく失敗しにくいのが嬉しいですね。

まとめ

今回は、石原さとみさんが出演したドラマでのメイクについてご紹介しました。

それぞれのドラマでキャラクターの性格を意識し、忠実に役になりきるための努力をしているのがわかりますね!

私たちでも真似できるポイントがたくさんある、石原さとみさんのドラマメイク。

次の作品では、どのようなメイクを見せてくれるか、今から楽しみになりますね♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました。